シャープの電子レンジ・オーブンレンジ「ヘルシオ」

シャープの電子レンジ・オーブンレンジ「ヘルシオ」

料理でこんがり焼けていたり、ちょっとした焦げ目があったりするものは、香ばしさがあったりで美味しくて堪えられないものだったりしますよね。

でも「茶色いものには気をつけろ!」ということで、焦げ目や熱で茶色く変色した料理については、口にすることで細胞が参加してしまったり、ということで老化の原因だとか言われているのは知っている人も多いかもしれませんね。美味しいんです、この部分は。でも焦げなどを口にすることで細胞が酸化する、という学者もいるようです。

で、シャープの電子レンジ・オーブンレンジの「ヘルシオ」。

この電子レンジ・オーブンレンジは「低酸素調理」というコンセプトで開発されています。
電熱による焼くという調理方法よりも、水蒸気を100度以上にすることによって、水蒸気の熱で調理するというものです。
「過熱水蒸気」というものをグングンレンジ内で循環させて、酸素を使わないで過熱するわけです。
だから食材は焦げたりしないわけですね。食材は酸化せずに体内に取り込まれるわけです。
また参加に弱いビタミンCなどは破壊されずに摂り込まれるようになるわけですね。

あと、食材内部の細胞を破壊しないので、美味しい部分でもある内部の肉汁ですとかが流出することもないので、料理も食材も美味しく仕上がるわけです。
(よくチンしたあとで、食材から妙に水分が抜けてしまって美味しくなることがありますよね)

シャープのヘルシオもぜひ購入を検討してみたい選択肢ですね!