パナソニックの電子レンジ・オーブンレンジの比較

パナソニックの電子レンジ・オーブンレンジの比較

パナソニックの電子レンジ・オーブンレンジといえば、やっぱり注目はビストロ・シリーズですね!
他のシリーズや他メーカー商品と比較しても、料理や調理のための高機能が目立つところですが、わたしはやっぱり省エネルギー性能に注目したいと思っています。

というのもやっぱり電子レンジ、オーブンレンジは、どうやっても電気をたっぷり使う家電なんですね。
これは避けようのない事実。
猛烈な勢いで記憶がおぼろげに変わっていることに愕然としますが、東日本大震災、原発事故後の電力不足への恐怖感!
やっぱり電気を使うということについては、やや気が引けてしまうような感じがあるのは致し方ないところですね。

で、パナソニックの電子レンジ、オーブンレンジ。
これもエコナビというコンセプトのもとに作られた家電なんです。
特にビストロは。

高額で、サイズが大きくて、高機能で、ということになると、なんだか電気料が大変!辞めてもっと小型のものに使用か、とか機能の少ないものにしようか、とか思うところもあるかと思います。もっと言うと、中古でいいか、とか。

家電というものは古ければそれだけ電気を喰うんですね。また小型だったりすると、そもそもヒーター部分も小さくなったりして、これも加熱のコム表温度に到達するまでに時間が掛かる。
料理や調理においても時間がかかるということは、それだけ電気を喰うわけなんです。

高機能なものでさっと加熱してさっと食卓に並べられる。とっとと家族でまとまって食事ができる。食卓において無駄な電気を使わなくなったり。もちろん美味しい料理が作れたりしますね。費用の面を除けば、高機能な電子レンジ、オーブンレンジを使うということは、やっぱり良いことづく目なんですね。

ビストロシリーズは「光ヒーター」という遠赤外線や近赤外線のヒーターで食材を美味しく焼くことができ、またスピードエリア加熱と言って、レンジ内の一部分だけ過熱するということも可能です。つまり電気の使用について無駄がないということになります。

そんな視点を持って電子レンジ、オーブンレンジを比較してみてはいかがでしょうか。